staff blog スタッフブログ

【お客様Q&A】ミニマムロット編

こんにちは!
ベルトバックル製造工場 神谷です。
三寒四温ですねー。
寒かったり、暖かかったり。
皆様、体調は如何でしょうか!!

さて、本日はお客様からよくある質問。
最低ロット についてお知らせ致しますね。

一言でバックル!と申しておりますが、
色々な素材で作れます。
鉄・ステンレス・真鍮・シルバー・金・プラチナ!!!!!

それそれに、作れる最小ロットが違うのです。
例えば。
鉄やステンレスは、何と2000~3000個がミニマムロット。
量産向けですね。

次に真鍮、シルバー。
こちらは30個~OKです^^

最後に金、プラチナ。
こちらは5個からお受けしております。

どうぞご検討の材料にされて下さい。

今週も頑張りましょう!
それでは、また!


Posted by washin0831

【お客様Q&A】~スケジュール編~

皆様こんにちは。
ベルトバックル製造工場の細田です。

本日はお客様からよく頂く「納品まではどれくらいかかるの?」という
ご質問についてお答えしたいと思います!

製作する場合はこんな行程と期間がかかります!
1:デザイン製作
■既に作りたいものや原型を所持されている場合でも描かせて頂きます。
 素材によっては金型を使用するため、お客様が所持している原型が使えない場合がございます。
■またデザインが決まっていない…もしくはイメージはあるんだけど描けないという場合は
 弊社のデザイナーが提案を含めて描かせて頂きます!!

2:お客様確認
■デザインが描きあがったらお客様にご確認頂きます。
 直して欲しいところや変えたいところなどございましたら遠慮なく申して下さい!

3:CAD製作…約1週間
■デザインが確定した後、今度は3Dのデータを作ります。
 (ここで作成したデータを元に原型が作られるのです。)
■デザインによってはCADを使わずに手でWAXを彫って作る場合もございます。


ちなみに作成中のデータはこんな感じです。

4:お客様確認Part2
■データを作ったら再度お客様にご確認頂きます。
 サンプルを制作した後にも修正は可能すが、その場合は再度金型を製作しなければなりません。
 そうしますと1種類作りたくても2型の料金がかかってしまう場合がございます。
 ですのでしっかりとご確認頂き、修正箇所がある場合はここで直します!

5:金型作成
■3で作ったデータを出力して型を作ります。
※こちらは素材やサイズによって作り方が変わりますので、詳しくはまた今度…

6:サンプル製作…約2週間~
■サンプルを制作致します。

7:お客様確認Part3
■サンプルが完成しましたら、ご確認頂きます。
 仕上げ方法やメッキ・形など実際に手にとってご確認頂けます。
 変更箇所や修正箇所がある際はご遠慮なくご相談下さい!

8:量産…約3週間~65日前後
■量産期間は素材・制作数量・デザイン・仕上げ方法によって異なります。
 ※納期等が決まっている場合は始めにご相談下さいませ。

9:納品

何だかんだでデザインから納品までは約2ヶ月はかかります。
※デザインや修正・素材・数量・サイズ次第でかかる日数は前後致します。

サンプルを制作するのに2週間前後かかってしまう関係上1ヶ月で作って…!!!
というご要望には申し訳ございませんがお応え出来ません。

早く取りかかれば価格面等抑えられるところもあると思いますので、
制作をお考えの際はお早めにご相談頂くのがオススメです☆

是非ご参考にしてください。
では、また来週!!


Posted by washin0831

素材について

皆様こんにちは。
ベルトバックル製造工場の細田です。

先週のブログにて神谷からシルバー・真鍮・合金という素材が出たと思います。
…ということで、今回は素材についてお話させて頂きます!!

シルバー
シルバーアクセサリーなどでも聞くシルバーですが、
こちらは基本的には純銀ではございません。
何故かと言いますと、純銀は柔らかすぎて傷つきやすくアクセサリー等には不向きと言われています。
(一応物理的に作ることは出来ます)
ちなみによく使われるシルバーというのはシルバー925
通称「スターリングシルバー」と呼ばれるものです。
(シルバー925はシルバー含有率が92.5%で固めなのでロストワックス法による鋳造品に向きます。)

真鍮
真鍮とはシルバーよりもやや安価な、銅と亜鉛の混合で製造した金属です。
加工が簡単なので様々な商品に用いられます。
金属アレルギーの引き金になりやすいので、肌に直接つく場合はメッキ等をオススメしています。

 ↑ちなみに地金は 独特の黄色い地肌をしています。

合金
最も安価な素材です。スズ合金、亜鉛合金などがあります。
ダイキャストとよばれる、溶かした金属を金型に流しこんで鋳造する手法で製造します。
大量生産向きですが、シルバーなどに比べると「安物」感が有るかもしれません。
また、制作にあたりミニマムロットも大きくなります。

価格や数量・デザイン等から素材を考えてみるのもいいと思います。

是非ご参考にしてください。
では、また来週!!


Posted by washin0831

バックル受注しました~

こんばんは!
ベルトバックル製造工場の神谷です。

今日はいいお天気でしたね。だんだん春に近付いている感じ。
春こーい!!!笑

さてさて、件名のとおり、私神谷。バックル受注致しました!
パチパチ。
今まで、オリジナルで重厚なものは幾つか受注、製造していましたが
今回は1000個の案件。

素材もシルバー・真鍮ではなく合金で作成します。
ちょっと画像を上げることが出来ず残念ですが…

大きいバックルは、アクセサリーとは違うキャストで作っていますが、
今回は小さめなので、アクセサリーと同じ製法で挑戦します。

もちろん、経験ある工場なので大丈夫ですが、
私の経験では初なので楽しみです。

また進捗をブログで報告しますね!

それでは、また!!


Posted by washin0831

バックルとは…?<バックルの種類>

皆様こんにちは。
ベルトバックル製造工場の細田です。

新しくブログ担当に就任(?)致しました(笑)
まだまだ未熟者ですが、これからよろしくお願い致します。

今日は(私が)初めてということで、
そもそもバックルとは何ぞや??」というお話をさせて頂きたいと思います!

バックルがベルトの留め金である…ということは皆様ご存知だと思います。
ですが、そのバックルを開発したのが早川徳次さんということはご存知でしたでしょうか?
(ちなみにこの早川さんはシャーペンを発明された方でもあるのです!)

またバックルの種類も様々あり、
尾錠止め(ピンバックル)
 ・針の様な留め金で穴を塞ぎベルトを固定するタイプのもの
 ・よく見かけるベルトのバックルです

二つ穴(ダブルピンバックル)
 ・作業服に用いたり、私服に使う事もあるタイプのもの
 ・4cm位の太いベルトに使われることが多いです

布ベルト用バックル
 ・穴が無く自分の体型に合わせて留めるタイプのもの
 ・大柄な物が多く、作業服に用いられる事があります

棒状のバックル
 ・尾錠止めに似ているが柄や模様があり、丸い棒状の留め金が付いているタイプのもの
 ・軍服や制服に用いられる事が多いです

■リング・リボンベルト用バックル
 ・最近ではダブルリングベルトと言われることが多いバックル
 ・2つのリングがついており、付け方も他のバックルとは違います

おおまかに言ってしまうとこんな感じでしょうか?
制作をお考えの時の参考になれば幸いです。

是非ご参考にしてください。
では、また来週!!


Posted by washin0831

オリジナルサングラス製造工場株式会社和心

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積